CHEF’S VOICE Vol’013
岩坪 滋さん il Pregio

il Pregio 岩坪 滋さん

il Pregio 岩坪 滋さん
ピエモンテ州から、サルデーニャやシチリアの島々に至るまで、イタリア全土に渡って郷土の食を学ばれた岩坪滋(ゆたか)シェフですが、先日もイタリアに行ってきたばかり。2016年9月に行われる「第6回世界料理学会 in HAKODATE」にはゲストスピーカーとして初参加されるという岩坪シェフにインタビューさせていただきました。

―チーズにまつわる特別な思い出やエピソードはありますか。

イタリア各地で修行する中で、それぞれの土地で作られているチーズの工房にもよく足を運びました。特に印象に残っているのは、ピエモンテ州のアルプス山中で作られる「Seirass(セイラス)※」。藁で包んで乾燥熟成させたリコッタです。他に、カンパーニャ州のモッツァレラやカチョカヴァッロの燻製工程なども見てまわったのが思い出深いですね。

※Seirassはピエモンテ地方の方言で「リコッタ」の意。羊乳・牛乳のホエーに、クリームも添加して作られる、北部地方独特のリコッタ。

―なぜCHEESE STANDのチーズを使ってくださっているのですか。

第一に、藤川さんの“情熱”です。作り手の顔が見えるという安心感はもちろん、もっと良いものをと追求する姿勢があり、実際に品質もレベルアップしていると思います。ホエーも活用していますし、モッツァレラもミルキーな味わいや香りがさらに豊かになってきていますね。

―チーズを使った料理をご紹介ください。

毎月内容が変わるコース料理の中で、7月に実際にお出ししていた一品「チーズスタンドのモッツァレラ 秋田県白神山地の蓴菜(じゅんさい)・フルーツトマト」です。モッツァレラを主役にし、塩とオリーブオイルで和えた蓴菜と湯むきしたフルーツトマトを合わせています。大きな蓴菜のシャクシャクっとした食感と青い香りがアクセントに。上にかかっているのは、ホエーを使ったエスプーマですが、同じミルクから生まれた素材を、皿の上で“再会”させてみました。

―家庭でもできるチーズ料理、またはチーズの使い方のコツなどを教えてください。

フレッシュタイプのチーズは出来るだけシンプルに味わってみてほしいですね。例えば、リコッタは、はちみつもいいですが、ブルーベリージャムやマーマレードをかけてそのままデザートとして。シンプルで簡単、でもそれだけで充実した美味しさがあるという食べ方を自分なりに見つけて、日常の食卓で楽しんでほしいと思います。

岩坪 滋(ゆたか)さん
1978年生まれ。辻調グループ エコール辻東京を卒業後、1997年〜2003年「アクアパッツァ」日高良実氏のもと、素材を生かしたイタリア料理を学ぶ。その後、2006年まで、イタリア全土に渡って研鑽を積み、帰国後、南青山「クッチーナ カッパス」料理長に就任。中目黒「リストランテ カシーナ・カナミッラ」料理長を経て、2012年10月5日、代々木上原「il Pregio(イル プレージョ)」オーナーシェフとなる。
CHEF’S VOICE バックナンバー
FRESH CHEESE Delivery
売れ筋ランキング
  1. CHEESE STAND オールセット 3,400円(税込)
  2. 東京ブッラータ 1,080円(税込)
  3. 朝フレッシュセット 2,130円(税込)
商品一覧
カテゴリー
メールマガジン
メルマガ登録・解除
その他のトピック
rss atom